審査・月額費用不要の店舗向けクレジットカード決済「Paypal here」

Nasce PAYPAL Here
海外旅行では欠かせないクレジットカード決済。クレジットカードで支払いできるかどうかを基準にレストランを選ぶ観光客も多いです。皆さんも海外旅行の時には経験があるのではないでしょうか。

もちろん日本でもクレジットカードを使いたいというご要望は強いので、クレジットカード対応ができると集客の幅がぐっと広がりますね。

でもクレジットカードの導入には様々な障壁があります。審査が必要、手数料が高い、そして入金されるまでの期間がとても長いなど……これでクレジットカードの導入をためらっている店舗様も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではこれらの問題をあっさり解決するクレカ決済「Paypal here」をご紹介します!

Paypal hereは全世界で最大手のオンライン決済会社であるPaypalが提供している決済サービスで、

  • スマートフォン1台でOK、専用機器不要
  • 審査不要、月額利用料不要で
  • VISA、Mastercard、American Expressの3つのカードに対応し
  • 入金はほぼ即日

という、とてもすばらしい決済サービスです。

詳細や導入はこちらのURLをご覧いただくとして、
https://www.paypal.jp/here/

「そんなに条件がいいと、何かあやしいんじゃない?」と心配になってくるかもしれませんね。
なぜPaypal hereはこんなに破格の条件で利用できるのでしょうか?

実はPaypal here、世界的にみるとそれほどいい条件ではなく、普通です。むしろ日本のクレジットカード決済がひどい条件なのです。
店舗側が負担する手数料は日本とだとても高いですし、支払いサイトも日本はトップクラスの長さです。

日本ではクレジットカード決済サービスを提供できる業者に大きな法的規制がかかっているため、クレジットカード決済サービスに参入できる業者が少なく、競争原理があまり働いていません。
その代わり、サポートが手厚いなどの日本ならではの部分もあるのですが、もっと安くて便利に使える決済サービスもあってほしいですね。

この記事の執筆者: 松岡 梨沙

合同会社ジャパンライブデザイン 代表取締役 / 日本事業戦略総合研究所 研究員 2000年よりWebマーケティング業界に携わり、3つのベンチャー企業のスタートアップに参画。その経験を生かし、日本の優れたものづくり企業や地場産業の支援を行うため合同会社ジャパンライブデザインを創業する。 日本の文化、流行、優れた製品情報等を広く海外に伝える英語Webマガジン「Ginkgo Telegraph」を運営。世界30ヶ国で広く愛読されている。 Google

外国人観光客の受け入れ