海外でも物流代行?フルフィルメントサービスの活用

日本から海外に向けてECサイトを運営する場合、送料や配送日数がネックとなってなかなか売れない場合があります。
そんな時はフルフィルメントサービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

日本にもECサイト向けに倉庫や在庫管理、配送までを一手にアウトソーシングできる物流代行業者がありますが、海外にも同様のサービスがあり、フルフィルメントサービスと呼ばれています。
(参考: 北米を主な拠点とするフルフィルメントサービス・Shipwire社のサイト)

サービスの流れとしては、フルフィルメントサービスの管理する倉庫に在庫を置いておき、ECサイトに注文が入るごとにフルフィルメントサービスが受け付け、発送までを行うというものです。日本でも物流代行業者は似たような流れでサービスを行うので、使ったことがある人にとってはおなじみですね。

フルフィルメントサービスを利用すると配送までの時間が大幅に短縮できるほか、在庫管理や配送の手間が省けて非常に便利です。
中にはオプションでコールセンター等のサービスを提供しているところもあり、顧客対応までもお任せできます。
特定の国からの注文が多い場合、ぜひ検討すべきサービスです。

この記事の執筆者: 松岡 梨沙

合同会社ジャパンライブデザイン 代表取締役 / 日本事業戦略総合研究所 研究員 2000年よりWebマーケティング業界に携わり、3つのベンチャー企業のスタートアップに参画。その経験を生かし、日本の優れたものづくり企業や地場産業の支援を行うため合同会社ジャパンライブデザインを創業する。 日本の文化、流行、優れた製品情報等を広く海外に伝える英語Webマガジン「Ginkgo Telegraph」を運営。世界30ヶ国で広く愛読されている。 Google

海外販売・輸出・海外向けECサイト